韓国映画

【2020年版】絶対観たいおすすめ「韓国映画」リスト

韓国映画 2020 おすすめ 人気

2020年の話題作、ヒット作など「これは絶対に観たい!」というおすすめ韓国映画をまとめました。すでに公開された人気作品もあります。

仕事が詰まっていて忙しい時は、2時間でさくっと観られる映画はやっぱり嬉しい。映画館にはいかないかもしれないけど、配信始まったら絶対観ようと思っている韓国映画の覚え書きリストです!

選んだわけじゃないのですが、SFばっかり!(SFじゃないのもあります)
にしてもお金がかかってそうな映画ばかりで、日本との差に愕然としますね…。泣

ソン・ジュンギ、キム・テリ「勝利号」

ソン・ジュンギです!そして「ミスターサンシャイン」でとびっきり美しかったキム・テリです!

9月23日に韓国公開予定のSF大作映画「勝利号」。クラウドファンディングで制作費を調達することになって話題を集めましたが、制作費、膨らんじゃったのですかね??コロナの影響で夏の公開が秋に伸びたようです。

「勝利号」は2092年、宇宙のゴミを掃除する勝利号の船員たちが、大量殺傷武器と知られた人間型ロボットを発見した後、危険な取り引きに飛び込むストーリーを描いた作品だ。

2092年の荒廃した地球の上でお金になるゴミを探し回る勝利号は、他の宇宙船の非難に屈することなく獲物を探して素早く宇宙を泳いでいる。お金だけが目的である勝利号の船員たちだが、通帳の残高はゼロで増えるのは宇宙船の修理費、借金だけだ。そんな彼らの前に大量殺傷武器の危険なロボット“ドロシー”が現れ、金の匂いを直感した操縦士のテホ(ソン・ジュンギ)は爆弾を転売して稼ぐという大計画を立てる。

宇宙ゴミの掃除!!もうそれだけでSF小説ファンの血が騒ぎます♪これはもう完全にスペース・オペラ(宇宙を舞台にした冒険活劇)じゃないですか~♡

ディヴァイン・フューリー/使者

これはもうちょっとで公開ですね!8月14日に韓国で公開、豪華キャストで大ヒット間違いなしと言われている、飛ぶ鳥を落とす勢いのパク・ソジュン主演「ディヴァインイン・フューリー/使者」

神父ものオカルト、韓国は好きだなぁ~
カン・ドンウォンも、キム・ジェウクも、ヨン・ウジンも、あとキム・ナムギルも神父さんやったよね?!やっぱりクリスチャンが多いお国柄だから?

その武闘派神父物(?)の決定版になりそうなこちらの映画。パク・ソジュンが「サム、マイウェイ」「ミッドナイトランナー」に続いて鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露しているようです(*´з`)

パク・ソジュン「ミッドナイト・ランナー」
アン・ソンギ「ラスト・ナイツ」
ウ・ドファン「MASTER/マスター」
チェ・ウシク「パラサイト 半地下の家族」

の超超豪華俳優陣にも期待大!

82年生まれ、キム・ジヨン

韓国で大ヒット、日本でも10月に公開が予定されている「82年生まれ、キム・ジヨン」です。82年生まれという事は、私よりひと世代若い主人公。

韓国で130万部突破! 日本でも社会現象を巻き起こしたベストセラー小説「82年生まれ、キム・ジヨン」を原作とし、韓国で大ヒットを記録した映画。
原作小説は、日本でも翻訳本が2018年12月に刊行されると共感の声が広がり、発売2日目にして重版が決定。大型書店で品切れが続出するほど異例の大ヒットを記録した。「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」である“ジヨン”という名を持つ平凡な女性の、少女時代から結婚、出産に至るまでの人生を通し、女性の生きづらさを描いたこの原作を、チョン・ユミとコン・ユの共演で映画化。

ベストセラー小説が原作。
「女性の生き辛さを描いた」だなんて聞くとちょっと観るのは気が重いような気もするのですが、やっぱり見ないとなぁ。
コン・ユの普通の夫ぶりが見どころでしょうか。チョン・ユミさんも好きです!

キム・ウビン復帰作「エイリアン」

病気療養からキム・ウビンがついに復帰!!4年ぶりです(T_T) とにかく元気で帰ってきてくれた事が何よりうれしい~
更に復帰作がこんな大作で、期待に胸膨らみます♪

映画「エイリアン」は、「タチャ イカサマ師」のチェ・ドンフン監督の新作で、朝鮮時代と現在の時空間を行き来するタイムスリップを題材にした映画だ。リュ・ジュンヨル、キム・テリ、キム・ウビン、イ・ハニ、チョ・ウジン、キム・ウィソン、ソ・ジソブ、ヨム・ジョンア、ユ・ジェミョンなどトップスターらが大勢出演し、“韓国版アベンジャーズ”と呼ばれている。

特にキム・ウビンは闘病後の復帰作として「エイリアン」を選び、4年ぶりに撮影に集中している。

Kstyleより引用

一体だれが主演なのか、この出演俳優ラインナップをみてもすぐには分からないすごさ!豪華~
やっぱりキム・ウビン?ソ・ジソプあたりかな?まだ情報は出ていないようです。

カン・ドンウォン主演「半島」

すでに7月に公開され、観客動員数を現時点で300万人突破している話題作!なんと「新感染」の続編です!

カン・ドンウォン
イ・ジョンヒョン
ヨン・サンホ監督

「半島」は「新感染 ファイナルエクスプレス」の4年後、廃墟になった地に残された者たちが繰り広げる最後の死闘を描いたアクションブロックバスター映画で、「新感染 ファイナルエクスプレス」と同じ世界観を共有している。「第73回カンヌ国際映画祭」の公式招待作に選ばれ、全世界で注目を集めている映画「半島」

予告を見る限り、何もかもパワーアップして、よりアクション寄りのエンターテイメント映画となっているようです。

ユ・アイン&パク・シネ「#生きている」

こちらもすでに6月に公開済み、ユ・アインとパク・シネという実力派若手俳優共演の「#生きている」です。ハッシュタグ付きなのがイマドキ。

映画「#生きている」は、原因不明の症状により人々が攻撃を始め、統制不能になった都市で、データ、Wi-Fi、メール、電話のすべてが使えない状況の中、アパートに孤立したジュヌ(ユ・アイン)とユビン(パク・シネ)の生存記録を描いたスリラー映画だ。

これも実はまたゾンビものです~。

 

ざっと思いつく限りをまとめましたが、また気になる作品があれば追加していきます(^^)/

この記事が気に入ったら一番下の「いいね!」ボタンをぽちっとお願いします(^^)/
励みになります♪

韓国ブログランキングに参加してみました!
もし記事が気に入ったら、下のバナーをポチポチっと押してやってもらえると喜びます(*´з`)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
1

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。