韓国ドラマNEWs

【予告動画】キム・スヒョン「サイコだけど大丈夫」Netflix配信決定

サイコだけど大丈夫

キム・スヒョンが新ドラマ「サイコだけど大丈夫」に出演を決定。「星から来たあなた」で大旋風を巻き起こしたPrince of Kdramaがついに復活です!

追記:2020年5月23日
なんとNetflixでの配信が決定です。

「サイコだけど大丈夫」
6月20日より毎週新着エピソード配信

韓国で6月20日放送開始で、日本も同日配信開始。「ザキング 永遠の君主」と同じく毎週新着エピソード配信って感じですね。もう地上波と変わりない役目果たしてるNetflix💦

ネトフリがお金の物を言わせて配信権買いまくってるのかな?超話題作は最近軒並みネトフリ配信ですね。

サイコだけど大丈夫

↑公開された「サイコだけど大丈夫」のワンシーン。キム・スヒョン!ブランク長かったけど衰えない容姿、麗しい✨目力の強さも健在です(^^)/

最後のドラマ「プロデューサー」が2015年。
2017年10月に入隊してから早くも2年半。
2019年7月に除隊してからだってもう半年以上たってますが、除隊後も「ホテルデルーナ」や「愛の不時着」にカメオ出演しただけで、なかなか出演作が決まらなかったキム・スヒョン。

除隊と同時に復帰作が決まるスター俳優が多い中、ほんとにやきもきさせられました~。
この5年、兵役があった事を差し引いても出演作品少なすぎますよね💦

お金はCMでたっぷり稼いでるだろうから、ウォンビンみたいになっちゃうのじゃないかと、実は密かに気をもんでおりました・・・・。(知らない人のために、ウォンビンは2000年前後に大活躍した伝説の韓流俳優。人気絶頂だったのに2010年からドラマも映画も全く出演なし!CMのみで芸能活動してます‥‥)

復活してくれて良かった!

 




キム・スヒョン復帰作「サイコだけど大丈夫」

「サイコだけど大丈夫」はファンタジー童話のようなロマンチックコメディとのこと。「プロデューサー」が最後の作品であるキム・スヒョンファンにとっては、待望のロマンスですね(^^)/

ストーリー

「サイコだけど大丈夫」は、耐え難い人生の重さで愛を拒否する精神病棟の保護司と、愛を知らない童話作家が出会い、お互いの心の傷を癒していく一編のファンタジー童話のようなヒーリング恋愛ドラマで、「ジャグラス」の執筆を担当した脚本家チョ・ヨンと「嫉妬の化身」「ボーイフレンド」の演出を務めた監督パク・シヌがタッグを組んだ作品だ。

劇中でキム・スヒョンは精神病棟の保護司のムン・ガンテに扮する。ムン・ガンテは幼い頃親を亡くし、自閉スペクトラム症のある兄の世話をしながら献身的な人生を生きてきた人物だ。大きな夢も、希望もなく、ただ保護司の給料で兄と腹一杯食べて、ゆっくり寝ることを願いながら、毎日耐え続けている。

Kstyleより引用

昨年10月には下の記事、もう出てましたね!↓
韓国サイトの意訳なので、意味が違うところがあるかもしれません💦(ブラウザの翻訳めちゃくちゃだったので適当に直してます)

「サイコでもいい」は、180万ウォンの月収で、保健医療従事者として働く精神病棟の保護司と、衝動的な殺意を抱える反社会的人格障害を患う童話作家の物語。

愛を拒否する男と愛を知らない女性が、運命に逆らい生死を超える愛を経験することで、失われた自分の魂とアイデンティティを探す、一本の童話のようなファンタジーロマンス。

キム・スヒョンは、劇中精神病棟保護司、ムン・ガンテを演じる。

優れたフィジカル・頭脳・忍耐力・瞬発力・魅力・体力などすべてを与えられたムン・ガンテだが、同時に一生背負っていくのに手に余る荷物もおまけで与えられていた。自閉スペクトラム症のある兄だ。

こちらから引用

英語圏では「Psycho But It’s Okay」と題名がなっていますが、「サイコだけど大丈夫」はほぼ直訳の、사이코지만 괜찮아 原題のままなんですね。




予告動画公開されました

共演女優はソ・イェジに決定

更に!!共演の女優さんも決定しています。ソ・イェジちゃん。ナチュラル系美人!(でも整形美人との噂ありですが💦)

どこかで見た覚えが‥と思ったら花郎でみたあの美しい姫!

サイコだけど大丈夫

演技力も抜群だったし、美しさも印象に残っています。少し斜視っぽい眼差しも、透き通るような透明感も、今回の役にあってそうですね~。斜視って美人の条件っていうけど、納得。

オ・ジョンセさんが兄役

自閉症の兄を演じるのはオ・ジョンセ。「椿の花の咲く頃」での好演が記憶に新しい。器用に演じてくれそうです!

サイコだけど大丈夫

事務所契約が復帰作が遅れた理由?

実はキム・スヒョンは2019年12月31日で大手芸能事務所であるキーイーストとの契約を終了しています。

それが今まで復帰作が決まらなかった一番大きな理由かな?

キーイーストはペ・ヨンジュンことヨン様が作った芸能事務所で、一時期はスター俳優がずらりというイメージでしたが、2018年にSMエンタに売却してヨン様はキーイーストからは手を引いた感じなんですよね。

SMエンタとしては「キム・スヒョン込み」でキー・イーストを買い取ったつもりだったのでしょうが、再契約できなかったのは痛恨なんじゃないかな~と一ファンの憶測ですが笑

そして新しい事務所はGoldmedalistという新設事務所!

共演のソ・イェジもこちらの所属というから、すごい事務所ですね。

今回新しく設立された(株)Goldmedalistはキム・スヒョンが長い間息を合わせたキーイーストと共にドラマ「クリスマスに雪は降るの?」の時からその後の作品選定とプロデューシングを一緒にやってきたイ・ロベと映画「エクストリーム・ジョブ」を企画したキム・ミヘプロデューサーが創立した新生芸能事務所だ。

キム・ミヘプロデューサーはGoldmedalistの代表およびプロデューサーとして映画、ドラマなど映像コンテンツの企画および制作を総括する。イ・ロベCCOは俳優プロデューシングと脚本家、プロデューサーなどの優秀な人材を発掘し、迎え入れる仕事を担当する。

キム・スヒョン、ソ・イェジ、キム・セロンとの専属契約締結でラインナップを構築したGoldmedalistのマネジメント部門はキム・スヒョンと約8年間苦楽を共にしながら厚い信頼を築いてきたリュ・テヒョン理事が担当する。

Kstyleより引用

とにかく続報を待ちます!いい脚本のドラマですように(^^)/

この記事が気に入ったら一番下の「いいね!」ボタンをぽちっとお願いします(^^)/
励みになります♪

韓国ブログランキングに参加してみました!
もし記事が気に入ったら、下のバナーをポチポチっと押してやってもらえると喜びます(*´з`)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
12

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。